代表理事挨拶

代表理事 伊東千尋(和歌山大学 学長)
代表理事 伊東千尋(和歌山大学 学長)

 訪日外国人が初めて1,000万人を突破する年となった2013年8月、関西圏の観光系大学が連携し、関西観光教育コンソーシアムを設立いたしました。観光産業の発展を拠り所としながらも、本コンソーシアムは観光学教育に関わる活動を積み重ね、2018年には「一般社団法人関西観光教育コンソーシアム」へと組織化し、観光学の幅広い分野の開拓・開発、産業界との連携活動を推進しています。

 観光は、観光業、旅行業、宿泊業、輸送業、飲食業など極めて裾野は広く、経済、雇用、地域の活性化に大きな影響をおよぼす21世紀の基幹産業として認知されるに至りました。観光に関わる人材養成に対する社会的なニーズの高まりから観光学教育研究は様々な大学の学部・教育体系に広がり、既に多くの人材を養成し、社会に送り出してきました。近年のインバウンド需要の伸びもあり、人材養成のニーズは益々高まっています。その一方で、我が国における観光学研究は世界の研究水準に比べますと、まだ発展途上にあり、当コンソーシアムが日本の観光学教育研究の更なる発展のために果たす役割は大変大きいと確信しております。

 観光学研究をさらに発展させ、裾野の広い観光学教育に活かすためには、国立・公立・私立の枠を超えた共同体の設立が不可欠であると考えます。日本の高等教育政策において欠落しているこのような共同体制を観光学研究の分野で樹立することは、新しい教育体制モデルとしての意義を持つ重要な取り組みです。今後も皆さまのご意見を頂戴しながらコンソーシアム組織運営をして参りたいと考えておりますので、あらためまして皆さまのご協力をお願い申し上げます。

関西観光教育コンソーシアム事務局
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋6F
公益財団法人 日本ケアフィット共育機構 大阪事務所内
TEL:06-6251-6101 FAX:06-6251-6102