ツーリズム・ホスピタリティ業界 企業研究フェア 開催報告

2020年12月12日(土)、「ツーリズム・ホスピタリティ業界 企業研究フェア」を開催いたしました。
今年度は、開催前に大阪府より大阪府新型コロナ警戒信号:赤色「医療非常事態宣言」が発表され、12/15までの不要不急の外出の自粛が要請されたため、スケジュールを変更し、すべてオンラインにて実施しました。

対面での参加を希望されていた学生も164人いましたが、オンラインに切り替え参加していただきました。
参加申し込み272人、当日の企業説明会参加者のべ482人、セミナー参加者のべ170人。オンライン受講になれてきたとはいえ、まだまだ不慣れな点も多く、手探りの開催でした。

今回ご参加いただいた企業の方々、セミナーで参加していただきました大阪観光局、株式会社JTBの担当者の方々、大学ジャーナリストの石渡様、多大なるご協力をありがとうございました。

「ツーリズム・ホスピタリティ業界 企業研究フェア」は毎年多くの学生・企業のみなさまにご参加いただいています。
事後アンケートでは、「現在新型コロナウィルスにより悪影響を受けている観光業界で、アフターコロナを見据えた前向きな事業内容に興味を持ちました。今後の就職活動の参考にさせていただきます。ありがとうございました。」などの意見もいただきました。
今後も関西観光教育コンソーシアムは学生のみなさまの就職活動を応援していきます!

関西観光教育コンソーシアム事務局
kansaitourism.e.c@ing-edu.com