【9/20(土)27(土)、10/5(日)開催】e-AAC「ビッグデータ、オープンデータの活用による観光事業の活性化」セミナーのご案内

 この度、NPO法人電子自治体アドバイザークラブ主催の「ビッグデータ、オープンデータの活用による観光事業の活性化」セミナーが下記の通り開催されます。
 関連URLはこちら

背景・目的

 情報技術(ICT)が進展するなか、ビッグデータやオープンデータの活用をふまえ、ビジネスやサービスの新たな創出が期待されている。その現状、メリット、課題などを議論し、観光事業の活性化につなげていくための方策を探る。

日時・場所

 日時:平成26年9月20日(土)、27日(土)、10月5日(日) 3回シリーズ
 会場: 奈良県立大学  JR 奈良駅、近鉄奈良駅より徒歩10分

実施要綱

(1) 参加対象者:自治体、企業・団体、及び学生や個人で観光やICT、ビッグデータ、オープンデータの活用に関心のある方
(2) 募集人数:60名  (満員になり次第、締め切らせていただきます。)
(3) 参加費:500 円/回、(資料代等、 学生・会員無料) 
(4) 申込み締切り:平成26年9月15日

プログラム

  9月20日(土)(受付13:00~13:30、講演会 13:30~17:00)
■ 会場校挨拶:奈良県立大学 地域創造学部   麻生憲一氏
■ 基調講演 「I CT 活用と自治体経営」           奈良市 市長 仲川げん 氏
■ 「新しい観光の形と観光統計データの活用」  立命館大学 文学部 教授 遠藤英樹 氏
■ 「情報メディアを活用した観光情報提供のあり方 」   奈良県立大学 地域創造学部 教授 麻生憲一 氏
■ 交流会 17:30~19:30(会費 3,000 円)  会場:奈良県立大学内

   9月27日(土)(受付13:00~13:30、講演会 13:30~17:00)
■ 「地(知)の拠点としての大学と地域を結ぶデータベースのあり方とは?」  
                   奈良県立大学 地域創造学部 講師 岡本健 氏
■ 「観光経済の統計分析」  和歌山大学 観光経営学科 准教授 大井達雄 氏
■ 「観光におけるクラウドシステムとビッグデータの活用について」
                   富士通株式会社 経営戦略室 シニアマネージャー 米田剛 氏

  10月5日(日)(受付13:00~13:30、講演会 13:30~17:00)
■ 「日本経済の現状をとらえるデータ分析」    奈良県立大学 地域創造学部 准教授 斉藤宗之 氏
■ 「明日香まるごと博物館づくり~EV車導入と飛鳥の魅力~」          明日香村 村長 森川裕一 氏
■ 「ビッグデータ・オープンデータの活用でどう変わるのか」  
                                           日本電信電話株式会社 研究企画部門プロデュース担当部長 松浦由美子氏

主催

 特定非営利活動法人 電子自治体アドバイザークラブ (e-AAC)
 【座長】: 立命館大学 文学部 教授 遠藤英樹氏

お申込み先・お問い合わせ先

     特定非営利活動法人 電子自治体アドバイザークラブ(e-AAC)
     e-Mail: e-aac@nifty.com 
     Tel/Fax:0742-36-8520
     URL:http://eaac.sakura.ne.jp/

イベントポスターはこちら

joho140920bigdata.pdf
PDFファイル 909.6 KB
関西観光教育コンソーシアム事務局
| 〒640-8510 和歌山県和歌山市栄谷930 和歌山大学観光学部 観光実践教育サポートオフィス内 | TEL・FAX:073-457-8553